dress code

お洒落なレストランでプロポーズ。守らないとイメージダウン!?高級レストランでのドレスコードとは

まずドレスコードという言葉がわかりにくいかもしれませんので、分かり易く言うとドレスコードとはTPOに適した装いのを意味します。

例えば親族の結婚式へご招待を頂いた場合、誰に教えてもらわなくても暗黙の了解で黒の礼服に白いネクタイをイメージされるかと思います。 逆に、友人主催のBBQパーティーに参加する場合は動き易い服装や炭でやけどをしない様に等気遣った服装で参加しますね。 海外ではクラブ(音楽とお酒を楽しむ方)等にはドレスコードが設定されており、ラフな服装での入場では入る事すらできません。 全てのお店にはコンセプトが設定されており、そのコンセプトの元店内のデザインや音楽、提供サービス(飲食等)が決められています。 その場所のサービスを楽しむ為にはお客側がそのコンセプトを理解し守る必要があるという考え方になります。 国内だとなかなか理解し難い部分がありますが、軽装ではお断りされるケースもありますので十分注意が必要です。(お店のホームページ等に実際に記載されています。)

高級レストランに行くにはどんな服装がよいのか

例えば彼女の誕生日にプロポーズをする予定で、場所を都内ホテルの高級フレンチ料理レストランを予約したとします。

もしプロポーズの場所がヨーロッパ等のレストランであればセミフォーマルスタイル以上を求められます。 (※国内ではめったにありませんが海外のレストランの場合ドレスコードを守らないと入店出来ない事が多々あります。)

プロポーズの場所が国内の高級フレンチ料理レストランの場合「スマートカジュアル」がおすすめです。

スマートカジュアルとは

なんだか難しそうなコーディネートに思えますが、スマートカジュアルとは分かり易く言えば「キレイ目なジャケパンスタイル」を指します。 いくら高級レストランとは言え黒のタキシードで登場したら彼女もびっくりしてしまいます。そんな時はスマートカジュアルでお洒落にコーディネートしてプロポーズに挑みましょう! 普段ジャケットを着る事の無い彼であれば、彼女は特別な服装のあなたをみてドキッとするに違いありません。

ドレスコードを守らなかった場合のデメリットは大きく分けてこの3つが考えられます。

1.お店に入店を拒否される可能性がある

お店のルールを破る事になる為、いくら予約していたとしても入店出来ない可能性もあり、せっかく楽しみにしていたディナーもプロポーズもダメになってしまう可能性があり、 一気に彼女との空気が悪くなる可能性が高いです。(国内では入店拒否は少ないそうですが・・・)お店のHPにも記載は必ずあると思いますが予約時に確認する方が良いと思います。

2.彼女をがっかりさせる

彼女としては誕生日を祝いに普段行く事の無い特別な場所へ行けると思い予定を聞いた時から楽しみにしていると思います。 勿論特別な場所と言う事もあり、お洋服選びなど当日まで悩んで決めている可能性も多いにあります。そんな彼女の想いとは裏腹に普段と全く変わらぬジーンズTシャツで登場したら当然彼女はがっかりするでしょうし、 このディナーが一生に一度のプロポーズをする為のものだと知った時に尚がっかりしてしまうのではないでしょうか。

3.周りのお客さんから白い目で見られる

ドレスコードとは違いますが、今回の例と同じ様なクラスのレストランでディナーを予約した際うっかり自分が奥の上座にあたる席に着席してしまった事がありました。 カップルでの予約が多かったこの日は気づいた時には私の席の横一列全て女性という事になっており非常に恥ずかしかった記憶があります。心無しか笑われていた様な気も・・・ ドレスコードを守らない事はこれと同等以上のデメリットとも言えます。自分は勿論、彼女に恥ずかしい想いをさせない為にしっかりドレスコードを守る事が必要です。

SHINKは皆さんのプロポーズを応援しています。
プロポーズのお悩みやご相談など、LINE@お友達登録よりお気軽にご質問ください。

LINE@お友達登録をする

topics

コース料理を頼んだ場合どのタイミングで渡すのがベストか

レストランでプロポーズを行う場合、場所だけをおさえて当日アラカルトで決める場合と2パターンあると思います。今回はフレンチのコースでプロポーズするタイミングについてご紹介したいと思います。 …

高級中華や高級焼肉店でプロポーズはNG?プロポーズが似合うレストランとは

プロポーズのシチュエーションの中でレストラン選びは非常に重要になってくると思います。 そんな中でよくご質問を頂く内容の内の一つ「中華料理店」や「焼肉店」でのプロポーズは …

お家でプロポーズのきっかけは花束が大活躍!プロポーズに最適なバラの花束

プロポーズをするにはきっかけが非常に大切です。いくら自然なプロポーズを相手が望んでいたとしても、寝起きで「結婚してください」って言われるのもちょっとムードが …